板橋美波(水泳飛び込み)のコーチ、家族、大技を紹介


リオオリンピック
相当に盛り上がってますね。

日本人選手にはこれから
ガンガン、メダルを獲得していって
ほしいものですね。


さて板橋美波選手がリオオリンピックの
水泳飛び込みの代表選手として
出場しております。

板橋美波はメダル最有力候補
言われております。

何はともあれこの
板橋美波にしかできない大技の動画
ご覧ください。

高飛び込み 板橋美波選手の大技

開始16秒のところで大技を
くりだしております。

すごいですね。

今回の記事では
この板橋美波選手について
探ってみようと思います。

・プロフィール
・家族
・コーチ
・大技


それでは、参りましょう!

スポンサーリンク


板橋美波選手のプロフィール

_3d98ff8de6c594ecef242ff1b472e70c
まずは板橋美波選手についての
プロフィールです。

名前 板橋美波(いたはし みなみ)
生年月日 2000年1月28日
年齢 16歳
身長 150cm
体重 40kg
出身 兵庫県宝塚市

ちょうど2000年生まれですね。
遂に2000年代の人が
オリンピックに出場するように
なったとはなんか、
ちょっと感慨深いものが
ありますね。

身長は150cmと小柄ですが
肩や太ももの筋肉は
見た目にもよくついてるな
と分かりますね。

小さな体にぎゅっと
つまっているような
イメージでしょう。

板橋選手の成績はこのように
なっております。

まず高飛び込みを本格的に始めたのは
中学1年生の時とのこと。

中学2年生 日本選手権高飛び込み 3位
中学3年生 全国中学大会 連覇
     日本選手権高飛び込み 初優勝

中学1年で高飛び込みを始めて
その2年後には日本選手権で優勝しているなんて
びっくりですね!

やはり才能ある方ですね。

板橋美波選手の家族


板橋美波選手のご家族は
お父さん、お母さん、お兄さんが
いらっしゃいます。

お父さんは板橋秀彦さんで
日本体育大学にて柔道選手だった
とのことです。

お母さんも同じ日本体育大学の
柔道選手でそこで出会ったようです。
スポーツ選手の一家ですね。

家庭では
飛び込みの話は一切しないということです。

それは、飛び込みの練習は相当にハードで
大変なものなので少しでもリラックスして
ほしいから
ということだそうです。

素晴らしいご両親ですね。

スポーツ選手だからこそできる気遣いですね。
  

コーチについて


板橋美波選手のコーチを調べてみると
すぐに出てくるのは
馬淵崇英(すうえい)さんです。

ところが、実はもうおひとかた
いらっしゃいました。

それが、馬淵かの子コーチです。

馬淵かの子コーチは
現役選手時代に3大会連続で
オリンピックに出場されています。


ただ1976年のモントリオールオリンピックでは
結果は7位だったのです。

オリンピックで金メダル獲得の
を板橋美波選手に託し育成することに。

小学3年生の板橋美波を見込んで
熱心に指導したとのことです。


大会前にはかの子コーチは板橋選手に
手紙を書くとのことです。

今回のリオオリンピックでも
板橋選手はかの子コーチの手紙を
持って勝負に挑むことでしょう。


大技について


現在、世界でただ1人板橋選手にしか
できない大技が演技番号109C「前宙返り4回半抱え型」
です。

また、念のため他の選手が
この大技を出してきた時に備えて
「後ろ宙返り3回半えび型」を
練習して準備しているとのことです。


このような大技を繰り出せるのは
何よりも柔軟性と筋肉があるからこそ
なのだそうです。
スポンサーリンク


最後に


今回の記事では板橋美波選手について
調べてみました。

世界ではだれにもできない
大技「前宙返り4回半抱え型」
練習通りに成功させてほしいですね。

ご家族のサポートや
コーチ
のためにも
どうか金メダルを
獲得してほしいですね。

よろしければこちらの記事も是非どうぞ!

池江璃花子の家族と性格を紹介
佐藤希望(フェンシング)は美人選手。プロフィール、旦那と子供の紹介

スポンサーリンク