白浜海岸の潮干狩り!混雑情報と駐車場、潮見表について

そろそろ潮干狩りの季節がやってきますね。

ゴールデンウィークや春休みに潮干狩りの
計画を立てている方も多いのではないでしょうか。

潮干狩りは場所や時期などが十分でないと、
貝がうまく獲れません。

今回は兵庫県にある潮干狩りの穴場
スポット「白浜海岸」をご紹介します。

この白浜海岸の第一のオススメポイントは、獲れる
貝の種類が豊富といことです。

1度の潮干狩りで、いろいろな種類の貝を楽しむことが
できるので、お勧めですよ。

ぜひ、この記事を参考にして潮干狩りにチャレンジ
してみてください!

スポンサーリンク







白浜海岸の利用時間・時期・入場料


【白浜海岸について】


遠浅で水がとてもきれいな潮干狩り場です。

水深も浅いので、子ども連れのファミリーから
お年寄りのグループまで、楽しむことができます。

休憩所が6か所あり、
それぞれにシャワーやトイレがあるので、
とても便利で使いやすい潮干狩り場になっています。

白浜海岸
参照元:https://www.jalan.net/jalan/img/3/spot/2073/KL/46219ab2052073647_1.jpg

・白浜海岸の利用時間


4月1日~6月30日

営業時間:9時~17時まで

潮干狩りに適した時間帯は、干潮時です。

干潮時の前後1時間が、潮干狩りのゴールデンタイム
と言われていますので、余裕をもって、早めに
到着しておくのが無難です。

・白浜海岸の潮干狩り時期


潮の満ち引きの差が大きくなる4月~5月が潮干狩りにはお勧めです。

ちょうどゴールデンウィーク
潮干狩りの最盛期になるので、
白浜海岸もとても盛り上がります。

・白浜海岸の入場料


潮干狩り+休憩所利用料金
(大人) 1,500円
(子ども)1,300円

時間制制限は特にありません。

休憩所利用料金が含まれているのでお得ですね。
持ち帰りは約1キロで可能です。

【お問い合わせ先】


姫路市白浜海水浴協同組合:079-245-5645

白浜海岸の混雑情報


白浜海岸の潮干狩りは穴場なので、比較的他の潮干狩り
場より大分空いています

ただしゴールデンウィークは家族連れなどで
大変混みあうので、注意が必要です。

白浜海岸の口コミを見ていると、潮干狩りシーズンでも
平日・土日祝でも空いているとあるので、
静かに潮干狩りを楽しみたい場合は、
あえてゴールデンウィークをさけて
行ってみるのもいいかもしれません。

白浜海岸の潮干狩り
参照元:http://liac.jp/asobiba/kaisuiyoku/sirahama_photo4.jpg

休憩場は6か所あり、それぞれにシャワー室や
トイレがあるので、あまり混雑はしません。

ただし、潮干狩りのレンタル用品は、
無くなってしまう場合があるので、
早めに確保してくださいね。

もし、心配なら自分で用意した方が安心です。

白浜海岸は予約等は必要ありませんが、
最低でも潮干狩り予定時刻の2時間前には潮干狩り会場に行き、
場所取りなどの準備を行うようにしましょう。

白浜海岸の駐車場とアクセス


各休憩所に駐車場があります。

白浜海岸から徒歩10分の圏内に、多数の駐車場があります。

それぞれの駐車場によって、
料金や駐車可能台数が異なってきますので、
車で来場予定の方は、駐車場を確認しておいた方が安心です。

駐車場
参照元:https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/31/319ba9ab578c13fef66739aec54f2c5b_t.jpeg

・アクセス

【白浜海岸の所在地】
兵庫県姫路市白浜町丙612

(電車)山陽電鉄白浜の宮駅から徒歩10分。
(車)姫路バイパス姫路東IC→県道551号経由4キロ

駅からも近いですが、荷物が多い家族連れなどは車で
来る方が多いかと思います。

無料駐車場や安い駐車場は早々に満車になってしまいますので、
できれば午前中の早い時間帯から訪れるようにしましょう。

白浜海岸で採れる貝の種類


白浜海岸で獲れる貝の種類は、3種類です。

①アサリ


潮干狩りの定番アサリです。

お味噌汁にしたらおいしいですよね。

白浜海岸では、潮干狩り用にアサリを放流しています。

潮干狩り場の真ん中あたりに、アサリを放流しているので、
アサリ目当ての方は、潮干狩り場
の真ん中あたりを重点的に探してみるといいかも
しれませんね。

あさり
参照元:http://doc-moba.net/wp-content/uploads/2016/01/12588757.jpg

②ハマグリ


高級感のあるハマグリも潮干狩りでゲットすることができます。

お勧めの食べ方は、「バター焼き」です。

ハマグリは放流されていないので、
アサリに比べると見つけにくいですが、
少し沖の砂浜だったり、早い時間帯などは、
まだ砂浜が荒らされていないので、
比較的見つけやすくなります。

ハマグリ
参照元:http://komimibanashi.com/wp-content/uploads/2017/03/DSC_1510-e1493733594290.jpg

③マテ貝


あまり聞き馴染みがないかもしれませんが、
マテ貝という貝もたくさん取れます。

マテ貝は取り方にコツがいりますので、
下記の方法を試してみてください。

①砂浜をスコップで10㎝ほど水平に広く掘る。

②掘った個所の砂の表面に、穴が開いていないか探す。

③穴があったら、穴の入り口に塩を投入して待つ。

④マテ貝が出てくるので、手でつまんでゲットする。
マテ貝は穴から出てきても、一瞬で引っ込んでしまうので
素早く捕まえるようにしましょう。

マテ貝
参照元:http://rkb.jp/ajiwai/back/images/110417/110417.jpg
スポンサーリンク







白浜海岸の潮見表


潮干狩りで貝を獲れるかどうかは、
潮の状態で決まります。

ポイントは干潮の時間帯を逃さない
ことです。

白浜海岸は遠浅の海岸なので、
沖の方の砂浜まで潮干狩りをすることができます。

特に大潮の日は、潮の満ち引きの差が大きくなるので、
より沖の方まで貝を探すことができます。

潮見表:http://sio.mieyell.jp/select?po=52801

こちらのサイトは潮干狩りに適した日が記載
されているので、潮見表の見方がわからない方でも大丈夫です。

それぞれの月で干潮の日時が記載されているので、
計画的にスケジュールを立てて、
潮干狩りに挑むようにしましょう

潮干狩りの便利グッズ


潮干狩りにもっていく必需品
お勧めの商品をご紹介します。

基本的にはジョレン(熊手)、
貝袋、バケツがあれば潮干狩りができますが、
より楽しむためには、いろいろな道具を用意しましょう。

①ジョレン


コンパクトサイズで持ち運びやすいジョレンです。

軽量なので、お子様や女性でもとても使いやすく、
たくさんの貝を獲ることができます。

軍手と貝袋がセットになっているので、
商品が到着したら、潮干狩りに出発することができますよ。






②バケツ


おしゃれなデザインの折り畳み式の携帯バケツです。

色も3種類から選ぶことができますよ。

10リットルの水の重さにも耐えることができるので
たくさんの貝を入れることができます。

潮干狩りだけではなく、アウトドアに行くときも
1つあったら、様々な場面で大活躍します。






③マテ貝用潮干狩りセット


砂浜を掘るクワと、塩入れ用のボトルがセットになった商品です。

塩入れボトルは、先が細くなっているので、
マテ貝の穴をピンポイントで狙うことができます。

この商品は初心者用にマニュアルもついているので
安心ですよ。





④子ども用アクアシューズ

砂浜は流れ着いたガラスや、貝殻のかけらなどが
落ちているので、アクアシューズを用意しましょう。

動きやすく、滑りやすいので、思いっきり砂浜で
走りまわることができます。






⑤潮干狩りのついでに砂遊びを楽しもう!


潮干狩りでは、貝が獲れなくて退屈してしまったり
飽きてしまったりするお子様もけっこういます。

そんな時にお勧めなのは、砂遊びです。

この商品は、砂遊びにも潮干狩りにも使えるセット
なので、十分に楽しむことができます。





⑥アウトドアの必需品、ランチバッグ

白浜海岸には、休憩所があるのでお弁当をもちこんで
ピクニック気分でランチすることができます。

保冷機能もついているので、お弁当だけではなく、
ペットボトルのジュースなども冷たいまま持ち運ぶ
ことができます。





スポンサーリンク







さいごに


こちらの記事も是非どうぞ!
関西のグランピングに行こう!安くて初心者におすすめ7選
グランピングという言葉を ご存知ですか? グランピングとは グラマラスとキャンピングを 掛け合わせた造語で 気軽に贅沢なキャンプを ...
波崎海水浴場の潮干狩り!混雑情報と駐車場、潮見表について
潮干狩りとは、 遠浅の砂浜の中から貝などをとって楽しむことです。 小さいお子様でも簡単に行えるので、 家族連れにも人気の行事です...

いかがでしたでしょうか。

今回は、白浜海岸のいろいろな魅力
をご紹介しました。

白浜海岸では、約3か月の
期間で潮干狩りが楽しめますので、
ぜひ行ってみてください。

また、お子様と一緒に参加される方は、安全には十分
気を付けて、参加してくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です