大垣市を聖地巡礼しよう!実在の街やスポットを紹介

Pocket

9月17日から上映開始した
映画「聲の形」
好評上映中ですね。

「けいおん」で有名な
京都アニメーションが製作しているだけ
あって映像美が素晴らしいです。

まずはこちらの予告編をご覧ください。



特に1分56秒のところの花火がきれいですね。

この聲の形は岐阜県大垣市
聖地としているようですね。

と言うことで今回の記事では
聖地である大垣市の
実在の場所
を見てみます。

聲の形のあらすじ
大垣市の実在の場所

について調べました。
スポンサーリンク







あらすじ


thumb_901fc642-21bc-43bc-93b5-1bf90468088c
原作コミックのあらすじを
紹介します。

主人公は
石田将也
ガキ大将のような少年です。

物語は将也の小学校に
西宮硝子という女の子が
転校してきてから展開しはじめます。

しょうこは耳が聞こえない
聴覚障害者でした。

物語はこの小学校時代の生活と
後の高校3年生になってからの
生活について描かれています。

なぜこのような話の展開になっているのかは
実際に映画館でご覧になってみて
ください。

大垣公園


p01 c01
聲の形に登場した
実際の場所を見ていきましょう。

劇中では水門市として
登場していますが
こちらはもちろん架空の街です。

しかし、登場する場所や風景などは
作者の出身地である
岐阜県大垣市をもとに描かれています。

大垣公園
大垣市の中心にある
大垣城に隣接しています。

作中でも頻繁に登場シーンが
あります。

こちらは
大型遊具やイルカ噴水池
あり子供たちに人気です。

大型遊具で家出したしょうこの妹、結弦を
将也が発見するというシーン
に登場します。

美登鯉橋


sakura-007 silent_voice_vol2_medium
劇中で
登場人物たちが
”いつもの場所”ということで
登場するのがこの美登鯉橋です。

いつもの場所ではありますが
将也としょうこが
いつも二人で橋の下にいる鯉に
パンをあげる
ということで
とても大切な場所です。

この場所で二人は
会っていたんだな
という
思うととても感慨深いものがありますね。

また、春には桜がとても美しく
映画のなかでも桜の花びらひとつひとつが
美しく描かれていて

その映像美にとても感動しました。

新大橋


dsc_1842as
この新大橋は
水門川にかかっいる橋です。

劇中では帰ろうとしている
将也の後からしょうこが
自分の声で「好き」
告白してました。

将也は
「うきぃ」(好き)が月に聞こえて
告白であるとは思いませんでしたので
しょうこの想いは届きませんでした。

しょうこには
うれしはずかしの告白だったと
思います。

そんな青春を感じさせる
純愛の大切な場所です。


聲の形の聖地巡礼には
見逃せない場所ですね。
スポンサーリンク







最後に


聲の形に登場する場所は
それぞれが実際の風景を
そのまま切り取ってきたかのように
リアルでした。

また、舞台となっている大垣市では
映画化に伴い専用ホームページを
開設して街おこしをするなど
相当に注目されております。

劇中に登場した人物と
同じ場所、スポットに立って
みると彼らがどのような風景を
見て物語が展開していったか
感じることができるのではないかと思います。

この大垣市に一度は
訪問してみてください。

よろしければこちらの記事も是非どうぞ!

水門市を聖地巡礼しよう!実際の街を探してみよう。
いよいよ公開が迫ってきた 映画「聲の形(こえのかたち)」。 聲の形は 大今良時氏の 同名人気漫画の 待望の映画化です。 アニメにはと...
スポンサーリンク