糸守町のモデルはどこ?実際の風景を見てみよう


映画君の名はが公開されました。
この映画は公開早々、
大好評となっております。

私も先日この映画を見に行きました。

映像、音楽、シナリオ、キャラクターなど
素晴らしい出来栄えだと思いました。

まずは、こちらの予告編の動画
ご覧ください。



特に30秒のところが
素晴らしい映像美ですね。

今回は映画のあらすじ、
作中に登場する糸守町のモデルになった街、
映像と実際の風景について

調べてみました。
スポンサーリンク







あらすじ


この映画は主人公である高校生の立花瀧
同じく高校生の宮水三葉が入れ替わるという
ストーリーです。

瀧は東京でアルバイトをしながら
高校生活を楽しんでいるイケメンな男の子。

三葉は田舎の糸守町に住んでいて
都会暮らしに憧れているかわいい女の子。

そんな感じなので男女の入れ替わりだけではない
面白さがあります。


劇中の場面と実際の風景を見てみよう


まずは飛騨古川駅近辺
モデルとなっている場面から。


こうして劇中のものと
実際の飛騨古川駅
並べてみると本当に
そのまま使われてますね。

劇場で見てから
実際の場所を訪問すると
ここだったんだって感慨深く思うでしょうね。

21203ag2130010122_1 58891261
宮水神社は三葉の宮水家が代々、
氏神として祭ってきた神社です。

この神社のモデルは外見からすると
飛騨山王宮日枝神社と言われてます。

山の中の神社ということで
何となく雰囲気は似ていそうな感じがしますね。

糸守町のモデルになった街はどこ?


先ほど言及した飛騨古川駅は飛騨市にあることと
三葉が飛騨弁をしゃべることから
飛騨市近辺がモデルという説が有力だと思います。

ただ、糸守町の中心にある湖は諏訪湖だろうと
思いました。


新海誠監督の故郷が長野県なので
諏訪湖の風景が使われたのではということです。

諏訪湖は何回か行ったことがありますが
とても自然豊かで美しい風景で個人的には大好きなところです。

スポンサーリンク







最後に


いかがでしたか。

今回は糸守町の
実際の風景とモデルについて
まとめてみました。

糸守町は
メインモデルとしては
岐阜県飛騨市を使っているみたいです。

糸守町の湖は
諏訪湖のようですね。

糸守町の緑豊かな素晴らしい景色は
実際の日本の美しい風景
忠実に再現したものなんだろうと思いました。

映画を見てきれいだなと思ったら
実際の景色をたどりに
旅に出るのも楽しいですよね。

自分が見たアニメ映画のなかでは
一番良かった感動作品でしたので
こうしてみると大好きになりました。

特に日本の山の風景が好きなので
いつか見に行ってみたいなと思います。

よろしければこちらの記事も是非どうぞ!
映画「君の名は」のシーン:実際の場所を見てまわろう!
映画「君の名は。」 上映が始まってから約1週間過ぎましたが とても評判がよいみたいで相当入場者が 多いみたいです。 まずはこちらの...
スポンサーリンク